「イルミネーション」セカオワ新曲の歌詞、作詞・作曲は?

セカオワ注目の新曲「イルミネーション」が2018年10月10日(水)にSCHOOL OF LOCK!で初披露され、10月11日(木)に配信限定でリリースされた。

冬の曲ではあるが、優しくて暖かいメロディーと歌詞が印象的な楽曲で、今後冬の定番ソングとなりそうだ。

それでは「イルミネーション」の歌詞についてみていこうと思う。

聞き取りベースであるため、間違っている箇所があるかもしれないので、ご了承いただきたい。

作詞はさおりと深瀬、作曲はさおりとなかじんであることが発表された。

⇒【新曲「イルミネーション」発売決定

「イルミネーション」セカオワ新曲の歌詞 1番 

君に似合うのはきっと 赤でも青でも黄色でもない
どんな炎に焼かれても ただ一つ残る色だ
幸せになるにはきっと何か払わなきゃいけないのと
泣いているような空を見る 君の強さを知っているよ

「汚れたような色だね」ってそんなに拗ねるなよ
人知れずシャツの袖で涙を拭った君に

純白の街へ連れてくよ 緑や赤の奇麗な光
濡れた袖が暖まるまで 雪道を彩る
2人だけの足跡

歌:SEKAI NO OWARI

「イルミネーション」セカオワ新曲の歌詞 2番 

優しさに色があるなら 赤でも青でも黄色でもない
全部を混ぜ合わせて ただ一つできる色だ

「それねずみ色だよね」って顔をしかめるなよ
人知れず眠れない夜を過ごした君に

僕らの家へ帰ろうか 影絵のような帰り道
夕食の匂いのする方へ 2人手を繋いで
向かい合った足跡

歌:SEKAI NO OWARI

「イルミネーション」セカオワ新曲の歌詞 3番 

強いようで弱い でも弱いようで強い君へ贈る色 グレー

「今年の冬は暖かいね」 少し前君が言ってたけど
世界はこんな一瞬で真っ白になっていく

純白の街へ連れてくよ 緑や赤の奇麗な光
濡れた袖が暖まるまで 雪道を彩る
2人だけの足跡 続いていく足跡

歌:SEKAI NO OWARI

「イルミネーション」セカオワ新曲の作詞・作曲は? 

「イルミネーション」の作詞・作曲はまだ発表されていない。

作詞はさおり、作曲はなかじんと予想する声は多いが、深瀬も絡んでいる可能性は高そうだ。

わかり次第アップしていきたいと思う。

【追記】

「イルミネーション」の作詞はさおりと深瀬、作曲はさおりとなかじんであることがセカオワの公式ホームページで発表された。

作詞は予想通り、さおりが作曲に絡んでいたことはやや驚きではあるが、だからこそ優しくて温かいメロディーになっているのかもしれない。

セカオワ渾身の作品と言えるだろう。

引用:SEKAI NO OWARI OFFICIAL WEB SITE

さおりは自身の公式Twitterで「イルミネーション」のエピソードを投稿している。

⇒【「YOKOHAMA blues」きゃりーを連想?

まとめ 

セカオワの新曲「イルミネーション」が2018年10月10日(水)にSCHOOL OF LOCK!で初披露され、10月11日(木)に配信限定でリリースされた。

今後セカオワの冬の定番ソングになることは間違いなさそうで、ライブでの初披露が楽しみである。

「イルミネーション」の作詞・作曲については現時点では発表されていない。

「イルミネーション」の作詞はさおりと深瀬、作曲はさおりとなかじん。

<こんな記事も読まれています>

⇒【「YOKOHAMA blues」歌詞フルバージョン
⇒【「イルミネーション」10月10日SOLで初公開
⇒【セカオワ新アルバムは2018年?2019年?
⇒【「Fafrotskies」情報まとめ
⇒【「ブレーメン」情報まとめ
⇒【深瀬2018年10月13日の誕生日に結婚説?
⇒【セカオワのおすすめ曲まとめ
⇒【セカオワメジャーデビュー7周年記念
⇒【セカオワハウスの詳細
⇒【幻の命、深瀬と彩織の実話の歌?

関連記事

  1. 「イルミネーション」セカオワ新曲SCHOOL OF LOCK!で初公開(披露)。2018年10月10…

  2. セカオワ「イルミネーション」MVは欅坂46を担当する池田一真監督、衣装は尾内貴美香

  3. セカオワ「イルミネーション」東京ドームシティ観覧車「ビッグ・オー」と園内で聞ける!

  4. セカオワ「イルミネーション」MVのダンサーは誰?「ラフレシア」と同じで欅坂46も担当?

  5. セカオワ「イルミネーション」ミュージックビデオ(MV)公開。ダンサーが色を表現、グレーがポイント?

  6. 「イルミネーション」セカオワ新曲配信リリース決定。テレビ朝日「リーガルV」主題歌。

  7. 上野隆博(TAKAHIRO)、セカオワ新曲「イルミネーション」MV振り付け担当。「ラフレシア」に続い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

カテゴリー

PAGE TOP