「ブレーメン」セカオワ支援公演(ライブ)2018年も開催。セットリスト(曲順)推移・予想、会場キャパ・来場客数、チケット当選確率は?ファンクラブ申込受付開始へ。

野外ライブツアー「インソムニアトレイン」最終日の北海道で2018年も「ブレーメン」支援公演が開催されることが発表された。もともと「インソムニアトレイン」終了後は、7月に韓国のフェス参加、9月に香港で単独ライブ開催とシンガポールのF1参加と、海外でのパフォーマンスのみが決定していた。

そのため、ファンの間では「インソムニアトレイン」最終日にライブ開催の発表が期待されていたが、「ブレーメン」と初の「ファンクラブツアー」と予想を上回る内容だった。ここでは「ブレーメン」の詳細について、紹介していきたいと思う。

「ブレーメン」セカオワ支援公演(ライブ)2018年の詳細とは?日時・会場・チケット料金・申込方法・期間は?本人確認が必要。 

2016年に突如セカオワが立ち上げた、動物殺処分セロ支援プロジェクト「ブレーメン」。その支援公演も2016年から毎年開催され、2018年は3回目となる。2016年は1ヵ所2公演、2017年は3ヵ所4公演行われ、2018年は1ヵ所2公演で開催される。詳細は以下の通り。

<日時・会場>
2018年10月19日(金)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
OPEN 18:00 / START 19:00

2018年10月20日(土)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
OPEN 16:00 / START 17:00

<チケット料金>
全席指定 8,000円(税込)

<購入枚数・年齢制限>
※お一人様1公演につき2枚まで。
※3歳以上の場合はチケット必要(2歳以下は保護者1名につき1名ひざ上鑑賞可。ただし座席が必要な場合はチケット必要)

<チケット購入・受付期間・当落確認/入金期間>
オフィシャルモバイルファンクラブ「S.N.O.W.S」・オフィシャルペーパーファンクラブ「R.A.I.N.S」会員チケット受付

受付期間:2018年6月25日(月)12:00~2018年7月9日(土)23:59まで
当落確認・入金期間:2018年7月14日(土)15:00~2018年7月19日(木)23:59まで

※「S.N.O.W.S」と「R.A.I.N.S」のどちらも会員登録している方は、両方からのお申込みが可能。

引用:BREMENホームページ・SEKAI NO OWARI OFFICIAL WEB SITE

「ブレーメン」支援公演は、チケットの転売を防止するために、申込時から同伴者分を含めて本人情報を登録し、ライブ会場入場の際には本人確認書類の提出が必要となる。

パシフィコ横浜のキャパ・来場客数・収容人数とは?チケットの当選倍率や申込回数は?会場へのアクセスは?「ブレーメン」支援公演2018年。 

パシフィコ横浜 国立大ホールの収容人数は、最大で5,002席(1階席3,260席、2階席994席、3階席748席)となっている。関係者席や機材・照明席などを考慮すると、5,000席以下となるだろう。2018年は2公演のみの開催なので、倍率はかなり高くなりそうだ。

過去2年に傾向だと、ファンクラブ1次申込のあとに2次申込も行われ、2017年にはチケットマッチングシステムも導入されている。一般での発売は行われていない。倍率は高いが複数回申し込むことによって1公演だけでも当選したいところである。

パシフィコ横浜へのアクセスは以下の通り。電車の最寄り駅は桜木町駅かみなとみらい駅となる。

引用:パシフィコ横浜ホームページ

「ブレーメン」セカオワ支援公演のセットリスト推移・予想。カバー曲の披露やアコースティックアレンジなど。支援シングル「Hey Ho」。 

「ブレーメン」支援公演の特徴は、アコースティック仕様のライブであることである。他のライブでは聞くことのできないアレンジで演奏されるため、人気の高いライブとなっている。また他アーティストの楽曲のカバーも披露されている。

以下は過去2年のセットリスト。支援シングルである「Hey Ho」と動物に関連する「虹色の戦争」「世界平和」、ゴスペル風にアレンジされた「RPG」は2年連続で披露されている。「深い森」も動物に関連する内容となっているので、今後セットリストに入ってくる可能性は高い気がする。2018年はどんなアレンジを行い、どんなカバー曲を披露するのか楽しみだ。

「ブレーメン」セカオワ支援公演(ライブ)2018年も開催まとめ 

「ブレーメン」支援公演の開催を喜んでいるファンは多いが、懸念となるのは高倍率のチケットを入手できるかどうか。本人確認が必要となるため、転売目的の申し込みが少なくなるのは嬉しい。

2018年は神奈川での2公演開催のみ。地方のファンはなかなか参加しずらく、残念に思っている人も多いとは思うが、2018年11月からの「ファンクラブツアー」では12都市で開催されるので、そちらの参戦を検討してみてほしい。

<こんな記事も読まれています>

⇒【「ファンクラブツアー」2018開催、その詳細とは?

⇒【「ブレーメン」プロジェクトの詳細とは?

⇒【2017年「ブレーメン」支援ライブレポート

⇒【2016年「ブレーメン」支援ライブレポート

⇒【2017年「ブレーメン」グッズ詳細とは

⇒【「インソムニアトレイン」北海道公演最終日参戦レポート

⇒【「インソムニアトレイン」北海道最終日、Fukase・SaoriのMC

⇒【セカオワ来韓ボイコットとは?

⇒【セカオワハウスの詳細とは

関連記事

  1. 「ブレーメン 2018」チケットマッチングシステムの倍率は?当選確率を上げるコツは?セカオワライブ。…

  2. セカオワ2018年ライブまとめ。「INSOMNIA TRAIN」「club EARTH」「ブレーメン…

  3. 【深瀬(Fukase)MC/トーク】セカオワライブ「ブレーメン」初日(1日目)2018年10月19日…

  4. 【深瀬(Fukase)MC/トーク】セカオワライブ「ブレーメン」2日目。2018年10月20日。

  5. 【なかじん(Nakajin)MC/トーク】セカオワライブ「ブレーメン」2日目。2018年10月20日…

  6. 【なかじん(Nakajin)MC/トーク】セカオワライブ「ブレーメン」初日(1日目)2018年10月…

  7. 【セトリ/ライブレポート】ブレーメン支援公演/セカオワライブ。初日(1日目)2018年10月18日。…

  8. 【DJ LOVE(ラブ)MC/トーク】セカオワライブ「ブレーメン」初日(1日目)2018年10月19…

  9. セカオワ「ブレーメン」プロジェクト存続の危機?ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)書類送検でどうなる?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

カテゴリー

PAGE TOP